ニキビあとができる原因

炎症がひどくて赤みや痛みやむず痒さや腫れの症状が出てしまい洗顔やメイクがしにくい、顔のムダ毛処理をする際にカミソリの刃が当たり誤って潰してしまう、ブツブツがコンプレックスで自分の肌に自信が持てないなど、ニキビには様々なトラブルやストレスがつきまといますが、あとが残ってしまうというのも厄介なポイントです。

なかなか消えないしつこいニキビあとに悩まされている方は多いのではないでしょうか。ニキビあとができる原因は、メラニンの色素沈着です。メラノサイトから作られたメラニンが色素沈着を引き起こすことで、あとが残ってしまうという仕組みです。色素沈着を助長させてしまう要因として、角質のバリア機能の低下があります。

角質のバリア機能が低下すると肌細胞の再生やターンオーバーがスムーズに行われなくなり、ニキビあとが残りやすい不健康な肌環境になってしまいます。ニキビあとが残りやすくなるだけではなく、新しいニキビも出来やすくなってしまいますので、角質のバリア機能を向上させることが対策における重要なポイントとなります。

そのために積極的に行うべきことは、徹底的な保湿ケアです。水分が不足するとバリア機能を良好に保てなくなりますので、肌に潤いをたっぷりとチャージすることがニキビあとの悩み解消への近道となります。

具体的な方法についてですが、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの成分が配合されているサプリでインナーケアをする、保湿力と浸透力に優れた基礎化粧品を用いて角質層の奥深くまで潤いを届けるなどがあります。

投稿日:

Copyright© オリスニキビ口コミ・評判・料金をまとめました , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.