顔にニキビができる原因

顔にニキビができて悩んでいるという方もいるかもしれません。しかし悩んでいる方の中には、治すための方法を考えても顔ニキビができる原因を気にしないという方も多くいます。1度治ったとしても、顔ニキビができる原因から対処しないと再びできてしまう可能性が高くなります。そこで原因を把握したうえで、どのような対応が必要なのか考えていくようにしましょう。

そもそもニキビができる原因というのは、皮脂の分泌が多いことと毛穴が詰まることです。例えば思春期というのは、性ホルモンが多く分泌されるようになります。性ホルモンが皮膚を乾燥から守る働きを担っているのです。そして思春期はホルモンバランスが不安定なことで、過剰に皮脂が分泌されることもあります。その結果、毛穴の出口が塞がれて詰まってしまいニキビができるケースも見られます。

そして顔というのは、皮脂の分泌量が多い場所の1つです。特におでこや鼻筋などは皮脂の分泌が多く、ニキビができやすくなっているので注意しましょう。さらに顔は常に空気にさらされている場所です。皮脂が空気に長時間さらされると、酸化して固くなるもしくは細かいほこりが付着して毛穴の詰まりを助長して、ニキビの原因になるケースも見られます。

また思春期の頃から、化粧をする機会が増えることもあります。そして洗顔で十分に化粧を落とさないと、角質と共に毛穴詰まりを起こします。毛穴が詰まるとニキビができる原因にもなるので、化粧をした後は特に丁寧に洗顔をすることを忘れてはいけません。

投稿日:

Copyright© オリスニキビ口コミ・評判・料金をまとめました , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.